ローヤルザリーと更年期障害:ローヤルゼリー プロポリス 効能 効果 【はちみつ.net】

スポンサードリンク



スポンサードリンク

ローヤルザリーと更年期障害


更年期の時期になると、女性の卵巣は機能が低下し、女性ホルモンエストロゲンの分泌量が著しく減少します。このことによって全体的なホルモンバランスの乱れが生じます。

エストロゲンの減少というのは、程度の差はあるものの、更年期の時期には必ず起こります。

その減少してしまった女性ホルモンエストロゲンの分泌を促すため、脳や下垂体は性腺刺激ホルモンを盛んに分泌します。

しかし、それに伴ったエストロゲンが分泌されないため、一方ではホルモンの減少、もう一方ではホルモンの増加といった、ホルモンバランスの乱れが生じてしまいます。

このホルモンバランスの乱れが自律神経に影響を与え、うつ症状やイライラ、不眠などのさまざまな症状を引き起こすことがあります。
これが更年期障害です。

エストロゲンは更年期障害のポイントとなる重要なホルモンなのです。


実は、このホルモンと同様の働きがローヤルゼリーにはあります。
女性ホルモンエストロゲンと同様の活性を示す物質が存在していることが確認されています。

つまり減少してしまったエストロゲンの働きをローヤルゼリーに含まれる成分がすることにより、ホルモンバランスを正常な状態に整えるという生理機能を果たすわけです。

ローヤルゼリーは、月経不順や更年期障害の改善効果が大きく期待されています。
このことは、実験でも明らかにされ、その効果は広く知られるところです。
posted by はちみつハッチー at 11:32 | ローヤルゼリー 効能、効果
スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。